ネパール民族料理 アーガン(AANGAN) ネワール民族の豪華な食事をランチタイムから楽しめます


休日の新大久保
下火になったと言われていますが、休日は韓流好きな人たちが街にあふれる
が、たこさんが向かうのはネパール料理のお店
今では新大久保は韓国だけでなくネパールなど多国籍で賑わっています
今回向かうは去年オープンした直後から話題のお店

「ネパール民族料理 アーガン(AANGAN)」さんです
お店の場所は食べログからご確認下さい

ネパール料理店あるあるですが店内のお客さん、日本人ゼロ
まぁ、たまたまでしょうけどね(笑)
店内にはネパールの雰囲気たっぷりの調度品
異国気分が上がったところで注文行ってみよう!

さてネパール民族料理と謳ったお店ですがネパールには料理が評判の民族がいます
一つは山岳系のタカリ民族
【タカリ】の名前のついたネパール料理店多いですよね
そしてもう一つの民族がネワール民族
今回はネワール系メニューから
「ネワリボジセット」1,680円を注文

・・・料理出てくるの遅いな・・・
後から来たテーブルの注文が先に出てるし
もしや注文が通っていない・・・?
不安になったころに出てきた料理を見て納得

これだけの品数のセットだから時間かかっても仕方ないね
葉皿を使ったメインのお皿には中央にチウラ(干し飯)
その周りに
カシコマス(マトンカレー)
ククラコマス(チキンカレー)
トマトアチャールにボジ(緑豆)
ミックスアチャール

そして別皿に
タマ(たけのこのカレー)

右からダヒ(ネパールヨーグルト)・パウクワ(木の実の漬物)・シサプサ(生?のニンジンや瓜)・メティスープ・ラルモン(デザート)

なんて贅沢なセット!
さらにこれだけじゃなくネパールのお酒も付いてくるよ
ラクシー(蒸留酒)にチャン(シコクビエや米から作った醸造酒、所謂どぶろくね)
たこさんはラクシーをお願いしました
アルコール度数40~50%位あるんで結構クラッとくるぞ
昼真っからなんてもん飲ませるんだ(笑)
アルコールが苦手な人はソフトドリンクに変更も可能です

皮付きのマトンとチキンのドライタイプのカレーは実に肉肉しい
特にマトンが絶品!骨ごとぶった切ったお肉は旨みが凄く出ています

チウラは米をつぶして乾燥させたもの
食感はフレーク、味付けはされていないのでカレーやヨーグルトと一緒に食べます
食べ慣れてないからか結構アゴが疲れた(笑)

個人的にはパウクワがお気に入った!苦味と糸を引く感じが納豆っぽいぞ
一品一品がすべて感動!
(デザートのラルモンはドーナッツを蜜に漬け込んだみたいでチョット甘くて苦手だったけど)
お店のレベルの高さが感じられるセットでした
次回はタカリ族のダルバートやディドのセットを食べにきます

ご馳走さまでした

ネパール民族料理 アーガンネパール料理 / 新大久保駅大久保駅東新宿駅

昼総合点★★★★ 4.5

ランキングに参加してます。お立ち寄りのついでにポチって下さいな♪

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
食べログ グルメブログランキング

こちらも読まれています