陳家私菜 辛さと旨さ、絶妙のバランスが楽しめる四川料理のお店


【カレーじゃなくてもいいじゃない】

カレーばっかブログですがたまには他の食事だって書いてます
今回はカレーにも負けないスパイシーな香辛料を使った四川料理のお店へ行ってきました

「陳家私菜 秋葉原店」さんです
お店の場所は食べログからご確認下さい

たこさんがスパイス料理好きと知る幹事さんからの嬉しいお誘い♪
二つ返事で着いて行きました
こちらのお店は以前から知っていたんですが今回が初訪問
一年位前に、SmaSTATION!!(スマステ)で【男子ランチVS女子ランチ】って企画の中で紹介されていたメニュー、
「頂天石焼麻婆豆腐」ってのが気になっていたのだ
本店は赤坂ですが今回は職場ご近所、秋葉原のお店を利用
辛いかな~?食べれるかな~?とウキウキ・ワクワクです!

お店は地下にあるので1FにあるPRONTOを目印に来ると分かりやすいよ
いつもなら自分の好きなものを好きなように頼むんですが、流石にグループの時は皆に合わせますとも
まずは前菜から・・・なんてまどろっこしい注文はしない!(笑)
最初からお店のお勧めメニューをガンガン頼めぇ!!!

「元祖本場四川やみつき皇帝よだれ鶏」780円
オーナーが四川で買い付けたスパイス(香辛料)15種を使った料理
自家製ラー油はトビキリの辛さで襲ってきます!
辛さは大辛(普通の15倍)で頼んだのを少しだけ後悔・・・でも辛いだけでなくラー油の旨みがたまりません
このラー油を瓶詰め販売してたら間違いなく買うな

「頂天石焼麻婆豆腐」850円
よだれ鶏の辛さの余韻が引く前にたこさん的メインディッシュの登場!
グツグツと煮立つ石の器に入った麻婆豆腐
面白いのは豆腐が一丁そのまま入っています
絹ごしと木綿の中間くらいのお豆腐を特注しているそう
この豆腐を金華ハムと鶏丸ごとと煮込んで下味をつけるんだってよ!
食べる前に蓮華で

ざっくりと崩していただきます♪
うま~辛~・・・汗~どば~!
吹き出る汗を気にせず喰らいつけ!
味の決め手はピーシェン豆板醤っていう四川で作られる真っ黒な豆板醤
仕入の為、数ヶ月ごとにこの豆板醤つくりの名人の処へ訪れているとか
ちなみに似たような料理を出すお店があるそうですが、
【頂点石焼麻婆豆腐】は商標登録されていて、こちらのお店が元祖らしいよ
この麻婆豆腐、そのまま食べても美味しいが

ご飯にぶっ掛けたり

お店自慢の刀削麺にかけて食べるのも正解!
麻婆ライスはカレーと同じくまさに飲み物だ(笑)
激辛の麻婆が刀削麺にほのかな甘みを感じさせるね

激辛料理2品のあとは「三元豚の特製黒酢酢豚」
・・・この辺からお値段確認忘れてた
でもメニュー全体的にボリュームに対して価格がリーズナブルだったような
中国の黒酢と日本の酢を絶妙にブレンドした酢豚
酸が効き過ぎず甘さとのバランスよい一皿

「殻付海老のピリ辛香ばし揚げ」
頭から尻尾まで丸ごと挙げた海老料理
しかし海老を超える存在感の唐辛子!
朝天唐辛子って言うそうです
油を通しているので食べても死ぬ事はないですがね(笑)

これだけ旨辛だからお酒もガンガン進むこと間違いなし!
酒も料理も追加追加~

「四川麻辣焼鶏鍋」
鶏に木耳にエリンギなどが入った鍋風料理
目を引くのがこの山椒の山!
一粒かじったら口の中が痺~れ~る~~~
だが、そ~れ~が~たまらな~い!
この料理は辛さと言うより痺れを楽しむものだな

最後は麺物で〆に

・・・すまん、メニュー名を忘れてしまった
こちらは鉄板の上に蒸し焼いた麺、その上からトロトロの牛ばら肉が入った餡をかけて完成!
アツアツの鉄板から出るジュージューと焼ける音
こちらは味覚・嗅覚だけでなく視覚・聴覚を刺激する演出料理が多いですね♪

最後にもう一品

「麻辣刀削麺」
日本で最初に麻辣刀削麺をメニューとして登場させたのが赤坂の1号店だそう
1995年の登場から今まで変わらぬ味なんだってさ
粉から手作りの刀削麺はモッチモチの食感♪
胡麻ダレ・黒酢・麻辣油が絡み合い複雑味ありますね~

他にも色々注文してお腹はもうパンパンです
これだけ辛い物をお腹いっぱい食べると、スポーツした後みたいに体グッタリ・・・
食べるって事はスポーツだ!
なので、これだけ食べてもカロリーはプラスマイナス0って事でいいのかな?(笑)
今回は辛いものを中心に食べてきましたが、伝えれば辛さ調整してくれるんでそんなに得意じゃない人にもオススメですよ

ご馳走様でした

陳家私菜 秋葉原店中華料理 / 秋葉原駅岩本町駅末広町駅

夜総合点★★★★ 4.0

ランキングに参加してます。お立ち寄りのついでにポチって下さいな♪

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
食べログ グルメブログランキング

こちらも読まれています