火星カレー 地球のカレーに飽きたら火星のカレー♪


ネットを見ていると、とあるカレー店のインタビューが出ていました
そういえば最近行ってないなぁ~って事で思いついたら即行動!
電車にのって池袋へ

「火星カレー」さんです
お店の場所は食べログからご確認ください

店名のインパクトは数あるカレー屋さんの中でもトップクラス
だけど店名インパクトだけのお店じゃないのよ
(ちなみに前回の訪問はこちらからご確認ください)

階段を下り店内の券売機で食券を先に購入です

このお店のカレーはベースとなる「火星カレー」
さらに各種トッピングのバリエーションもあります
このトッピングが面白い
【鶏・豚・牛】の定番お肉だけでなく【馬・鹿・羊・草・豆・鴨】
さらには【カンガルー】まであるぞ!

このバリエーションだと馬と鹿で馬鹿カレー♪ってみんなやっちゃいますよね(笑)
ま、それは前回やったんで今回は別のカレーにしましょう
今回は「カンガルーカレー」1,380円に「草トッピング」150円を注文

価格改定でカンガルーは300円高くなってしまい頼むのを躊躇・・・だが食べたいものは我慢しない!
ちなみに他のメニューは50~100円の良心的な価格変更です

店員さんに食券を渡す際にサイズと辛さを伝えます
小盛で300g、中盛で450g、大盛は700g
これは「ごはん+ルゥ」の総量なので注意ですよ
中盛でも結構お腹いっぱいになる量だからね
辛さは中辛で頼みましたが+100円で「土星」「冥王星」といった未知の辛さを体験する事も可能

火星の草の上にカンガルー♪
ベースの火星カレーは甘さと辛さのバランス良いセミドライカレー
ごはんが見えなくなる位たっぷりカレーです

トッピングの【草】は「ほうれん草のバターソテー」
この草が火星カレーとの相性がいいのよ
火星カレーの草は1日に必要な野菜の量の75%が取れるらしいぞ

そして本日のメイン
【カンガルー】だ!
これでもかって位のボリュームです

火星カレーは使用するお肉それぞれに調理方法が違うんです
豚は京風ダシの柔らか煮、牛は赤ワイン、馬はシードル煮、鹿は橋本シェフ風煮込み(笑)
そしてカンガルーは白ワイン煮、フレンチのブレゼって手法ですね
蒸し煮調理でお肉に弾力を残しながらも柔らかく仕上げてあります
脂身が少なく肉の旨みが堪能できますよ

独創的な料理とお店のコンセプト
お店のオーナーはなんと飲食業出身ではなく【ゲームデザイナー&シナリオライター】の綾部和さん
「ぼくのなつやすみ」シリーズは知ってる人も多いよね?
そのゲーム作りと同じ脳みそで火星カレーのコンセプトは出来たんだって
綾部さんのアイデアに橋本シェフの調理技が生み出した火星カレー
未体験の人はぜひ池袋へ

ご馳走様でした

火星カレーカレーライス / 池袋駅要町駅

昼総合点★★★★ 4.0

ランキングに参加してます。お立ち寄りのついでにポチって下さいな♪

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
食べログ グルメブログランキング

こちらも読まれています