ネパリダイニング ダルバート リニューアルしても激ウマのダルバートは健在!

思い返せば部下1号はダルバートを食べたことがないという事が判明
確かに大森のタカリバンチャ連れて行ったときも【トゥクパ】食ってやがったし
よし今日のランチはダルバートを食べに行くぞ!
向かった場所は山手線で大塚駅

「ネパリダイニング ダルバート」さんです
お店の場所は食べログからご確認下さい

こちらは以前「ダルバート居酒屋ひまり」として営業していたお店
野津治仁氏(旅の指さし会話帳25 ネパールの著者)がオーナーとなってリニューアルしたそうです
ひまりの時にお店のダルバート食べて美味しかったんで部下1号にも食べさせようと思って
ちなみにシェフは代わってないそうなので安心です

手食の仕方

ダルバートの食べ方

テーブル席に座り壁を見るとイラストで手食やダルバートの説明がかいてあります
イラスト付きで分かりやすくていいですね
部下1号これを見て勉強するように!(言うほどたこさんも詳しくないですが・・・)

さて注文です
もちろんダルバート以外にチャウミンやフライドライスなんかもあります

ランチメニュー

しかし今日はダルバートを食べに来たんだからダルバートだ!
ベジ・チキン・マトンと選べます
さらに欲張りさんの為にスペシャルも用意
当然たこさんの注文「スペシャル」1,400円!
部下1号は控えめに「ベジ」800円
若いんだからスペシャル行っとけよ・・・

ランチタイムはお店1人でやってて大変そうです
少々時間がかかるのは仕方ない、のんびりと待ちましょう

豪華なスペシャルの登場!
奥に見えるのが部下1号のベジです
・・・何か足りない?そうだね

スペシャルダルバート

ダルスープがそろってはじめてダルバートだね♪
うひょ~うまそ~♪

ダルスープ

ダルスープの器がお椀っぽくて味噌汁に見える(笑)
イラストでは単品で飲む物でないとありますが、単品で飲んでも当然美味しいものです!
これとライス&漬物があれば日本人でも満足のごはんになりますよ

そしてスペシャルは

ベジ

チキン

マトン

ベジもチキンもマトンが全部入っているのだ
それぞれ抜群の美味しさ
部下1号もベジだけでも十分満足してました
でもね・・・やっぱ肉だろ?肉!!
骨ごとぶった切って使用したマトンがやべぇよ
荒々しくも滋味あふれるこのマトンだよ~うめぇ!

ライスを軽く崩してダルスープをぶっかけてバクバク
チキンを食してライスをバクバク
ベジも混ぜ込んでバクバク
当然最後は全部混ぜ混ぜしてバクバク~っと!
食べるのに夢中で部下1号と無言のまま完食です

ちなみにライスとダルはお代わりが可能!
腹ペコさんには嬉しいですね
逆に女性や食の細い人はミニサイズのダルバートも用意してあるので安心です
(注:ミニはお代わりできませんよ)

スペシャルにはデザートも付いています

例のドーナッツっぽいのを蜜につけたアレです
かなり甘甘で得意ではないのですが

ネパールチヤ(ネパールのミルクティ)

サービスでいただいたネパールチヤと一緒に食べると・・・いいじゃない♪
たまに食べる分には甘いものも悪くないですね

いや~美味しかった
次は夜に来ていろいろと呑んで~食べて~したいですね

ご馳走様でした

ネパリダイニング ダルバートネパール料理 / 大塚駅前駅大塚駅巣鴨新田駅

昼総合点

ランキングに参加してます。お立ち寄りのついでにポチって下さいな♪

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
食べログ グルメブログランキング

こちらも読まれています